大須賀・田原・清研究室

Menu Close Menu

論文誌

鈴木もとこ, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 家庭におけるペット-ロボットインタラクション~ロボットのふるまいに対する犬の行動調査~, 情報処理学会論文誌
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga: Designing and Publishing Illegally Parked Bicycle LOD, International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence, Vol.1, No.2, to appear
Yuichi Sei, Hiroshi Okumura, Takao Takenouchi, Akihiko Ohsuga: Anonymization of Sensitive Quasi-Identifiers for l-diversity and t-closeness, IEEE Transactions on Dependable and Secure Computing, to appear
天野和洋,前田宗宏,中村泰広,清雄一,大須賀昭彦: 1.5車線的道路整備における待避区間の最適配置に向けた評価手法の検討, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.73, No.2, pp.124-134 (2017.6)
芦川将之,川村隆浩,大須賀昭彦: クラウドソーシングワーカーの段階的育成方法の提案, 人工知能学会論文誌, Vol.32, No.3, pp.B-G81_1-13 (2017.5)
Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga: Differential Private Data Collection and Analysis Based on Randomized Multiple Dummies for Untrusted Mobile Crowdsensing, IEEE Transactions on Information Forensics and Security, Vol.12, No.4, pp.926-939 (2017.4)
江上周作,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: 放置自転車問題解決に向けた循環型LOD構築システムの提案,人工知能学会論文誌,vol.31, no.6, pp.AI30-K_1-12 (2016.11)
Ryohei Yoko, Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga: Semantics-based news delivering service, International Journal of Semantic Computing, 10th Anniversary Special Issue, Vol.10, No.4, pp.445-459 (2016.12)
Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga: Development of Web API for Triplification of Text Information, New Generation Computing, Vol.34, No.4, pp 307–321 (2016.10)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: A Solution to Visualize Open Urban Data for Illegally Parked Bicycles, Transactions on Large-Scale Data and Knowledge-Centered Systems XXVII, Lecture Notes in Computer Science, Springer, Vol.9860, pp.129-141 (2016.9)
Teruyuki Iijima, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Sake Selection Support Application for Countryside Tourism, Transactions on Large-Scale Data and Knowledge-Centered Systems XXVII, Lecture Notes in Computer Science, Springer, Vol.9860, pp.19-30 (2016.9)
Masayuki Ashikawa, Takahiro Kawamura and Akihiko Ohsuga: Quality Improvement by Worker Filtering and Development in Crowdsourcing, Web Intelligence Journal, Vol.14, No.3, pp.229-244 (2016.8)
Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga: Location Anonymization with Considering Errors and Existence Probability, IEEE Transactions on System, Man, and Cybernetics: Systems
本田耕三,平山秀昭,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:ゴール指向洗練パターン駆動によるユースケースモデリング,電子情報通信学会論文誌,Vol.J99-D, No.3, pp.238-254 (2016.3)
佐々木隆益,吉岡信和,田原康之,大須賀昭彦:組込み向け進化型ソフトウェアの効率的な拡張性強化手法,情報処理学会論文誌,Vol.57,No.2, pp.730-744 (2016.2)
一言正之,櫻庭雅明,清雄一: 深層学習を用いた河川水位予測手法の開発,土木学会論文集B1(水工学), Vol.72, No.4, pp.187-192 (2016.2)
Yuta Ohwatari, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga: Estimation of Interpersonal Relationships in Movies, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.1, pp.128-137 (2016.1)
Kazuhiro Tashiro, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Iterative Improvement of Human Pose Classification using Guide Ontology, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.1, pp.236-247 (2016.1)
川村 隆浩, 大須賀 昭彦: TEXT2LOD ~テキスト情報のLOD化に向けたWeb APIの開発~, 人工知能学会論文誌,Vol.31, No.1 (2016.1)
堀田大貴,本田耕三,平山秀昭,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:リファインメントパターンを利用したKAOSゴールモデルからBPMNモデルへの変換,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア,VOL.32,NO.4,pp141~160 (2015.11)
清雄一,稲葉緑,大須賀昭彦:安心できるプライバシ指標の調査,情報処理学会論文誌,Vol.56, No.12, pp.2230-2243 (2015.12)
清雄一,竹之内隆夫,大須賀昭彦:クラウド上の安全で高速なキーワード検索アルゴリズムの提案,情報処理学会論文誌,Vol.56, No.10, pp.1977-1987 (2015.10)
Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga: Malicious Node Detection in Mobile Wireless Sensor Networks, Journal of Information Processing (JIP), Vol.23, No.4, pp.476-487 (2015.7)
横尾亮平,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:語句間の意味的リレーションに基づくキュレーションエージェント,電子情報通信学会論文誌,vol.j98-d, no.6, pp.982-991 (2015.6)
江上周作, 川村隆浩, 藤井章博, 大須賀昭彦:BOMエージェントの実現に向けたLODの構築,電子情報通信学会論文誌,vol.j98-d, no.6, pp.992-1004 (2015.6)
池尻恭介, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦:意外性のあるレシピを推薦するエージェントの提案,電子情報通信学会論文誌,vol.j98-d, no.6, pp.971-981 (2015.6)
清雄一,大須賀昭彦:確率的ダミー生成による統計的な位置情報収集のためのプライバシ保護手法の提案,電気学会論文誌,vol.135, no.6, pp.660-670 (2015.6)
清雄一,大須賀昭彦:センシティブ属性値のランダムな追加によるl-多様性アルゴリズムの提案,情報処理学会論文誌,Vol.56,No.5, pp.1377-1387 (2015.5)
川村隆浩,長野伸一,大須賀昭彦:Linked Data統合に向けたLiteral値マッチング手法の提案,人工知能学会論文誌,Vol.30, No.2, pp.440-448 (2015.2)
岩崎祐貴, 折原良平, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀 昭彦: CGMにおける炎上の分析とその応用,人工知能学会論文誌, Vol.30, No.1, pp.152-160 (2015.1)
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: Applying Linked Open Data to Green Design, IEEE Intelligent Systems, Vol.30, No.1, pp. 28-35 (2015.1)
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: A Social Approach for Natural Language Query to the Web of Data, International Journal On Advances in Software, Vol.7, No. 3&4, pp.446-455 (2014.12)
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: Question-Answering for Agricultural Open Data, Transactions on Large-Scale Data- and Knowledge-Centered Systems XVI, Vol.8960, pp.15-28 (2014.12)
Kawamura,T., Nagano,S., and Ohsuga,A.: Image-based Literal Node Matching for Linked Data Integration, International Journal of Web & Semantic Technology, Vol.5, No.4, pp.101-112 (2014.10)
清雄一,大須賀昭彦:多次元属性のための匿名データ収集アルゴリズムの提案,情報処理学会論文誌, Vol.55, No.9, pp.2120-2133 (2014.9)
芦川将之,川村隆浩,池田朋男,大須賀昭彦: マイクロタスク型クラウドソーシングプラットフォーム環境における精度向上手法の導入と評価,人工知能学会論文誌,Vol.29,No.6, pp.503-515 (2014.9)
田代和浩, 川村隆浩, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦:Human Pose Guide Ontologyを用いた静止画像内人物のポーズ分類,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, pp.58-69 (2014.8)
池尻恭介, 清雄一, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦:希少性と一般性に基づいた意外性のある食材の抽出,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア,Vol.31, No.3, pp.70-78 (2014.8)
中村祐貴, 本田耕三, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦:ソフトウェア再利用に向けた共通ゴール判別手法の提案,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア,Vol.31, No.2,pp.67-84 (2014.6)
川村隆浩,大須賀昭彦:LODを対象としたユーザ参加型質問応答サービスの開発 ~ユーザフィードバックによる精度向上とコンテキスト自動登録手法の評価~,人工知能学会論文誌,Vol.29,No.4,pp.375-385 (2014.6)
清雄一,大須賀昭彦:誤差を考慮した位置匿名化手法の提案,電子情報通信学会論文誌, Vol.J97-D,No.5, pp.964-974 (2014.5)
Setiadi,T.E., Ohsuga,A., and Maekawa,M.: Efficient Test Case Generation for Detecting Race Conditions, IAENG International Journal of Computer Science, Vol.41, No.2, pp.112-130 (2014.5)
清雄一,大須賀昭彦:Randomized Responseを用いた柔軟な匿名データ収集,電子情報通信学会論文誌, Vol.J97-D,No.4, pp.793-806 (2014.4)
清雄一,大須賀昭彦:ユビキタスコンピューティングにおけるl-エントロピーを満たす匿名データ収集,電子情報通信学会論文誌, Vol.J97-D,No.4, pp.793-806 (2014.4)
Mian Wang, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Music Recommender Adapting Implicit Context Using ‘renso’ Relation among Linked Data, Journal of Information Processing (JIP) Vol.22, No.2, pp.279-288 (2014.4)
川村隆浩,越川兼地,中川博之,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:メディア情報のLinked Data 化と活用事例の提案,電子情報通信学会論文誌,Vol.J96-D, No.12, pp.2987-2999(2013.12).
グエンミンテイ,川村隆浩,大須賀昭彦:Twitterからの呟かれなかった行動の推測手法の提案―震災時の帰宅行動に関する事例検討―,電子情報通信学会論文誌,Vol.J96-D, No.12, pp.2970-2978(2013.12).
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: Development of Question-Answering System over Agricultural Open Data, Journal of Science and Technology, Vol.51, No.4B, pp.10-19 (2013.10)
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: Flower Voice: Virtual Assistant for Open Data, International Journal of Web & Semantic Technology, Vol.4, No.2 (2013.4), pp.37-47.
竹之内隆夫, 川村隆浩, 大須賀昭彦: ユーザ存在の特定を困難にした分散匿名化の提案 ~2診療機関のレセプトデータを用いた有効性の評価~, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.3 (2013.3), pp.596-610.
藤原誠, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦: タグクラスタ多様化による未知性を考慮した推薦手法の提案, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.3 (2013.3), pp.531-542.
Kawamura,T. and Ohsuga,A.: Proposal of Distributed Scheduling Heuristics using Mediation Agent, Journal of Energy and Power Engineering, David Publishing Company, Vo.7, No.2 (2013.2), pp.381-392.
全泰賢, 川村隆浩, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭, “服飾オントロジを用いたECサイトにおけるユーザデザイン嗜好の推定と評価”, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.11 (2012.11), pp.2485-2493.
竹之内隆夫,川村隆浩,大須賀昭彦,"クラウド上での事業者間データ連携のための分散型パーソナル情報保護エージェント",情報処理学会論文誌,Vol.53,No.11,(2012.11), pp.2432-2444.
石野克徳, 折原良平,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, “フォークソノミとソーシャルアノテーションを用いた動画共有サービス利用支援の試み”, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.11 (2012.11), pp.2494-2506.
中川博之, 大須賀昭彦, 本位田真一, "ゴール指向要求記述の整形に基づいたソフトウェアシステム進化手法", 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.10, (2012.10), pp.2328-2344.
Hamamoto,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.: Privacy Protection by Anonymizing Based on Status of Provider and Community, GSTF Journal on Computing, Vol.2, No.1 (2012.4), pp.169-176.
Nguyen,T.M., Kawamura,T., Tahara,Y., Ohsuga,A.,"Self-Supervised Capturing of Users Activities from Weblogs",International Journal of Intelligent Information and Database Systems,vol.6,No.1 (2012.1), pp.61-76.
浜本一知,田原康之,大須賀昭彦,"ユーザ背景情報およびコミュニティ状況を考慮した匿名度制御によるプライバシ保護エージェントの提案",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1812-1824 (2011.11).
住元宗一朗,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"コンテンツ投稿型SNSにおける未知性と意外性を考慮した推薦エージェントの提案",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1800-1811 (2011.11).
三代謙仁,川村隆浩,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"携帯端末上での拡張現実を用いた植物推薦エージェントGreen-Thumb Phoneの開発",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1791-1799 (2011.11).
川村隆浩,ワコラ,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"インタラクションシーケンスに着目した商品検索目的抽出エージェントの開発",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1783-1790 (2011.11).
橋本和幸,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"センチメント分析とトピック抽出によるマイクロブログからの評判傾向抽出",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1762-1772 (2011.11).
田中俊行,グェンミンティ,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"評判分析システムのための教師あり学習を用いた意見抽出",電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,No.11,pp.1751-1761 (2011.11).
川村隆浩,沈偉,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, "オントロジー構築サービスONTOMOの開発 -固有名詞抽出によるインスタンス・プロパティ自動推薦エージェントの評価-", 人工知能学会論文誌, vol.26, No.1, pp.116-126 (2011.1).
西村一彦, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦, "自律システム実現に向けたアーキテクチャの構築", 人工知能学会論文誌, vol.26, No.1, No.1, pp.107-115 (2011.1).
グェンミンティ, 川村隆浩, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦, "条件付確率場と自己教師あり学習を用いた行動属性の自動抽出と評価", 人工知能学会論文誌, vol.26, No.1, pp.166-178(2011.1).
中川博之,大須賀昭彦,本位田真一: ビヘイビア記述に基づく自己適応システム実装フレームワークの提案,人工知能学会論文誌, Vol.26, No.1, pp.116-126 (2011.1).
中川博之,大須賀昭彦,本位田真一, "プロセス間競合を考慮した自己適応システムの形式仕様構築", 情報処理学会論文誌, vol.51, No.9, pp.1751-1764(2010.9)
小笠原秀人, 藤巻昇, 艸薙匠, 田原康之, 大須賀昭彦, "大規模組織におけるソフトウェアプロセス改善活動の適用評価 ~10年間の実践に基づく考察~", 情報処理学会論文誌, vol.51, No.9, pp.1805-1815 (2010.9).
中川博之,大須賀昭彦,本位田真一: ゴール指向要求分析を用いたself-adaptiveシステムの構築,情報処理学会論文誌, Vol.50, No.10, pp.2500-2513 (2009.10).
Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, Kenji Taguchi, Toshiaki Aoki, Shinichi Honiden: Evolution of a course on model checking for practical applications, ACM SIGCSE Bulletin, Volume 41, Issue 2, pp.38-44 (2009.6)
鄭顕志,中川博之,川俣洋次郎,吉岡信和,深澤良彰,本位田真一: ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア,Vol.25,No.4,pp.121-132 (2008.10).
中川博之, 田口研治, 本位田真一:モデル変換に基づく要求記述を利用した形式仕様の構築,情報処理学会論文誌,Vol.49,No.7,pp.2304-2318 (2008.7).
Takenouchi,T., Okamoto,N., Kawamura,T., Ohsuga,A., and Maekawa,M.: Development of knowledge-filtering agent along with user context in ubiquitous environment, Systems and Computers in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Vol.38, No.8 (2007.4), pp.11-19
岡本直之,竹之内隆夫,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: 放送番組に対してパブリックオピニオンメタデータを生成する視聴支援エージェントの開発 ―ネットコミュニティからの雰囲気成分の抽出とユーザ間での流通による洗練化―、電子情報通信学会論文誌,Vol.J88-D-I, No.9 (2005.9), pp.1477-1486.
竹之内隆夫,岡本直之,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: ユビキタス環境において動的なコンテクストに応じて知識情報をフィルタリングする推論エージェントの開発, 電子情報通信学会論文誌,Vol.J88-D-I, No.9 (2005.9), pp.1428-1437.
寺崎達也,中井戸健至,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: ユビキタス環境とWebサービスを仲介するミドルエージェントの開発,人工知能学会論文誌,Vol.19, No.4 (2004.5), pp.343-350

国際会議

Masayuki Ashikawa, Takahiro Kawamura, and Akihiko Ohsuga: Crowdsourcing Worker Development based on Probabilistic Task Network, IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI), to appear, (2017.8)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Akihiko Ohsuga: Construction of Linked Urban Problem Data with Causal Relations using Crowdsourcing. 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI2017), to appear, (2017.7)
Yuichi Sei, Akihiko Ohsuga: Privacy-Preserving Chi-Squared Testing for Genome SNP Databases, 39th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (IEEE EMBC), pp.3884-3889 (2017.7)
Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga and Shinichi Honiden: Formal Verification of Dynamic Evolution Processes of UML Models Using Aspects, The 12th International Symposium on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS2017), pp.152-162 (2017.5)
Shusaku Egami: IPBLOD: Linked Open Data for Solving Illegally Parked Bicycles, International Symposium on Designing Semantics, (2017.3)
Yusuke Sekii, Ryohei Orihara, Keisuke Kojima, Sei Yuichi, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Fast Many-to-One Voice Conversion using Autoencoders, The 9th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2017), Volume 2, pp.164-174 (2017.02)
Minato Sato, Ryohei Orihara, Sei Yuichi, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Japanese Text Classification by Character-Level Deep ConvNets and Transfer Learning, The 9th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2017), Volume 2, pp.175-184 (2017.02)
Motoko Suzuki, Sei Yuichi, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: An Observation of Behavioral Changes of Indoor Dogs in Response to Caring Behavior by Humanoid Robots--Can dogs and robots be companions?, The 9th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2017), Volume 2, pp.481-488 (2017.02)
Shota Suzuki, Ryohei Orihara, Sei Yuichi, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Sarcasm Detection Method to Improve Review Analysis, The 9th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2017), Volume 2, pp.519-526 (2017.02)
Yuichi Sei, Hiroshi Okumura, Akihiko Ohsuga: Privacy-Preserving Publication of Deep Neural Networks, 2nd IEEE International Conference on Data Science and Systems (DSS), pp.1418-1425 (2016.12)
Yuri Uehara, Takahiro Kawamura, Shusaku Egami, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Linked Data Collection and Analysis Platform for Music Information Retrieval, The 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2016), pp.127-135 (2016.11)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga: Estimation of Spatio-temporal Missing Data for Expanding Urban LOD, The 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2016), pp.152-167 (2016.11)
Yuri Uehara, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Linked Data Collection and Analysis Platform of Audio Features, Workshop and Poster of the 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST), pp.78-81 (2016.11)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga: Building Urban LOD for Solving Illegally Parked Bicycles in Tokyo, The 15th International Semantic Web Conference (ISWC2016), pp.291-307 (2016.10)
Hiroki Horita, Hideaki Hirayama, Takeo Hayase, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Process Mining Approach Based on Partial Structures of Event Logs and Decision Tree Learning, 5th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI 2016),pp.113-118(2016/7)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Schema Design of Illegally Parked Bicycles LOD, 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI2016), pp.692-697 (2016.7)
Hiroki Horita, Hideaki Hirayama, Takeo Hayase, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Business Process Verification and Restructuring LTL Formula Based on Machine Learning Approach, in book "Studies in Computational Intelligence" (Selected papers from 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2016)), pp.89-102, Springer, (2016/6)
Hiroki Horita, Hideaki Hirayama, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga:Goal Achievement Analysis based on LTL Checking and Decision Tree for Improvements of PAIS,31th Annual ACM Symposium on Applied Computing, pp.1214-1216 (SAC 2016),(2016/4)
Yuichi Sei, Akihiko Ohsuga: Privacy Preservation for Participatory Sensing Applications, 30th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA), pp.653-660 (2016.3)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Visualization of Open Urban Data for Illegally Parked Bicycles, CompleXity: Technology for Complex Urban Systems in the 49th Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-49)(2016.1)
Teruyuki Iijima, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Sake Selection Support Application for Countryside Tourism, CompleXity: Technology for Complex Urban Systems in the 49th Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-49)(2016.1)
Tatsuya Kiyohara, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Activity Recognition for Dogs Based on Time-series Data Analysis, in book "Agents and Artificial Intelligence" (Selected revised papers from ICAART 2015), Springer, pp.163-184 (2015.12)
Masayuki Ashikawa, Takahiro Kawamura, and Akihiko Ohsuga: Deployment of Private Crowdsourcing System with Quality Control Methods, IEEE/WIC/ACM Web Intelligence Conference, pp.9-16 (2015.12)
Shogo Higuchi, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Decision Making Strategy Based on Time Series Data of Voting Behavior, Proc. of the 28th Australasian Joint Conference on Artificial Intelligence 2015 (AI 2015), LNAI, Springer, Vol.9457, pp.229-241 (2015.12)
Tomoaki Ueda, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Towards the Elimination of the Miscommunication between Users in Twitter : Tweet classification based on expected responses by user ,The 28th Australasian Joint Conference on Artificial Intelligence (2015.12)
Takehiko Nagano, Kazuyoshi Serizawa, Nobukazu Yoshioka, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Performance Exploring Using Model Checking A Case Study of Hard Disk Drive Cache Function, The Tenth International Conference on Software Engineering Advances (ICSEA), pp.31-39
Takanori Sasaki, Nobukazu Yoshioka, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: A Method for Efficient Extensibility Improvements in Embedded Software Evolution, 7th International Conference on Software Technology and Engineering (ICSTE), (2015.9)
Yuichi Sei, Takao Takenouchi, Akihiko Ohsuga: (l1, ..., lq)-diversity for Anonymizing Sensitive Quasi-Identifiers, Proc. of IEEE International Conference on Trust, Security and Privacy in Computing and Communications (IEEE TrustCom),pp.596-603 (2015.8)
Hiroki Horita, Hideaki Hirayama, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Towards Goal-Oriented Conformance Checking, International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE), pp.722-724, (2015.7)
Ryohei Yokoo, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: News Curation Service using Semantic Graph Matching, International Conference on Advances in Semantic Processing (SEMAPRO), (2015.7)
Takahiro Kawamura and Akihiko Ohsuga: Semantic Graph Application to Call Center for Entity-Relation Search, Proceedings of 3rd International Conference on Internet Services Technology and Information Engineering (ISTIE), pp. 1-7, (2015.5)
Yuta Ohwatari, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Estimation of Character Diagram from Open-Movie Databases for Cultural Understanding, IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC), pp.208-215 (2015.2)
Tatsuya Kiyohara, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Activity Recognition for Dogs Using Off-the-Shelf Accelerometer, International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART), pp.100-110 (2015.1)
Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga, "Locating Malicious Agents in Mobile Wireless Sensor Networks", Proc. of 17th International Conference of Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA), pp.206-221 (2014.12)
Ryohei Yoko, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga, "News Recommendation based on Semantic Relations between Events", Proceedings of the 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), pp.128-131 (2014.11)
Yuta Ohwatari, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga, "Estimation of Character Diagram from Open Movie Database using Markov Logic Network", Proceedings of the 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), pp.124-127 (2014.11)
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Akihiro Fujii and Akihiko Ohsuga, "Building of Industrial Parts LOD for EDI - A Case Study -", Proceedings of the 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), pp.146-161 (2014.11)
Hiroyuki Nakagawa, Takumitsu Kudo, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Towards Software Evolution for Embedded Systems Based on MAPE Loop Encapsulation, Proc. IEEE Eighth International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems, pp.203-204 (2014.9)
Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga, "Randomized Addition of Sensitive Attributes for l-diversity", Proc. of 11th International Conference on Security and Cryptography (SECRYPT), pp.350-360 (2014.8)
Satoru Yamagata, Hiroyuki Nakagawa, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: A MAPE Loop Control Pattern for Heterogeneous Client/Server Online Games, International Conference on Software Engineering & Knowledge Engineering (SEKE), pp.742-743 (2014.7)
Kazuhiro Tashiro, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Refinement of Ontology-constrained Human Pose Classification, Proc. 8th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC), pp.60-67 (2014.6)
Yuki Iwasaki, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Identification of Flaming and Its Applications in CGM - Case Studies toward Ultimate Prevention, 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, (ICAART 2014), pp.639-644 (2014/3)
Kyosuke Ikejiri, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Surprising Recipe Extraction Based on Rarity and Generality of Ingredients, 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, (ICAART 2014), pp.428-436 (2014/3)
Hiroki Horita, Kozo Honda, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga,:Transformation Approach from KAOS Goal Models to BPMN Models Using Refinement Patterns,29th Annual ACM Symposium on Applied Computing, (SAC 2014),pp.1023-1024(2014/3)
Yutaka Yoshida, Kozo Honda, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Towards semi-automatic identification of functional requirements in legal texts for public administration, The 26th International Conference on Legal Knowledge and Information Systems (JURIX2013), pp.175-184, IOS Press (2013/12).
Kazuhiro Tashiro, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga: Classification of Idol Photography Based on Pose Guide Ontology, Proceedings of the 3rd Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2013), PD4 (2013/11).
Mian Wang, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga: Context-aware Music Recommendation with Serendipity Using Semantic Relations,Proceedings of the 3rd Joint International Semantic Technology (JIST) 2013, pp.17-32 (2013/11)
Yuichi Sei, Akihiko Ohsuga, "Need Only One Bit: Light-weight Packet Marking for Detecting Compromised Nodes in WSNs", Proc. of The Seventh International Conference on Emerging Security Information, Systems and Technologies (SECURWARE), pp.134-143, (2013.8)
Yuichi Sei, Akihiko Ohsuga, "False Event Detection for Rare Events in Wireless Sensor Networks", Proc. of 6th International Conference on Advanced Computer Theory and Engineering (ICACTE), Article No. 5 (8 pages), (2013.8)
Yuichi Sei, Akihiko Ohsuga, "False Event Detection for Mobile Sinks in Wireless Sensor Networks", Proc. of European Intelligence and Security Informatics Conference (EISIC), pp.52-59, (2013.8)
Nakagawa,H., Ohsuga,A., and Shinichi,H.,"A Goal Model Elaboration for Localizing Changes in Software Evolution",IEEE Proc. of 21st IEEE International Requirements Engineering Conference (RE 2013), pp.155-164 (2013.7).
Kawamura,T., and Ohsuga,A., "Flower Voice: Virtual Assistant using LOD",Proc. 7th International conference on Knowledge Capture, Canada (K-CAP2013), pp.125-128 (2013.6)
Arai,Y., Orihara,R., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Designing Loss-aware Fitness Function for GA-based Algorithmic Trading",IEA/AIE Proc. of the 26th International Conference on Industrial Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (IEA/AIE2013), pp.107-114 (2013.6).
Nakamura,S., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Towards solving an obstacle problem by the cooperation of UAVs and UGVs",ACM Proc. of 28th ACM Symposium On Applied Computing (SAC2013), pp77-82 (2013.3).
Ishino,K., Orihara,R., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Support for Video Hosting Service Users using Folksonomy and Social Annotation",IEEE/WIC/ACM Proc. of the 2012 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI-IAT2012), pp472-479 (2012.12).
Kawamura,T., and Ohsuga,A., "Toward an ecosystem of LOD in the field: LOD content generation and its consuming service",Proc. of 11th International Semantic Web Conference (ISWC 2012), pp98-113 (2012.11)
Nakagawa,H., Ohsuga,A., and Shinichi,H.,"Towards Dynamic Evolution of Self-adaptive Systems Based on Dynamic Updating of Control Loops",IEEE Proc. of 6th IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO 2012), pp59-68 (2012.9).
Takenouchi,T., Kawamura,T., and Ohsuga,A., "Hiding of User Presence for Privacy Preserving Data Mining",Proc. 3rd IIAI International Conference on e-Services and Knowledge Management (ESKM2012), pp133-138 (2012.9)
Honda,K., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Goal-oriented Robustness Analysis",KBSE Proc. of 10th Joint Conference on Knowledge - Based Software Engineering (JCKBSE2012), pp171-180 (2012.8).
Takenouchi,T., Kawamura,T., and Ohsuga,A., "Distributed Data Federation without Disclosure of User Existence",Proc. 26th Annual WG 11.3 Conference on Data and Applications Security and Privacy (DBSec2012), pp. 282-297 (2012.7)
The-Minh Nguyen, Takahiro Kawamura, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga, "Building a Timeline Network for Evacuation in Earthquake Disaster", The AAAI 2012 Workshop on Semantic Cities, pp.15-20, AAAI Publications. Toronto, Ontario, Canada, July 22-26, (2012.7).
Sombat,C., Honda,K., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Goal-oriented Approach to Creating Class Diagrams with OCL Constraints",ACM Proc. the 27th ACM Symposium On Applied Computing (SAC2012), pp1051-1056 (2012.3).
Horikoshi,H., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Dynamic Reconfiguration in Self-adaptive Systems Considering Non-functional Properties",ACM Proc. the 27th ACM Symposium On Applied Computing (SAC2012), pp1144-1150 (2012.3).
Nguyen,H.T., Kawamura,T., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Building a Time Series Action Network for Earthquake Disaster",Proc. the 4th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2012) (2012.2).
Hamamoto,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Privacy Protection by Anonymizing Based on Status of Provider and Community",Proc. 2nd Annual International Conference on Network Technologies Security (NTC2011), pp65-71(2011.11).
Miyamae,I.S.I., Nguyen,H.T., Kawamura,T., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Building an Earthquake Evacuation Ontology from Twitter",IEEE Proc. IEEE International Conference on Granular Computing (GrC2011), pp306-311 (2011.11).
Nguyen,H.T., Koshikawa,K., Kawamura,T., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Building Earthquake Semantic Network by Mining Human Activity from Twitter",Proc. IEEE International Conference on Granular Computing (GrC2011), pp.496-501 (2011.11).
Girier,Y., Honda,K., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A., "Visual-K: A Prototype for a Visualization Tool Modeling Goal-Oriented RE Methodology KAOS", Proc. The 2nd International Conference on Measurement and Control Engineering (ICMCE 2011) pp315-326 (2011.10)
Hamamoto,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"Methods for Privacy Protection Considering Status of Service Provider and User Community",Proc. The 16th Nordic Conference in Secure IT Systems (NordSec2011) (2011.10).
Kawamura,T., Mishiro, Mishiro,N., and Ohsuga,A.,"Green-Thumb Phone: Development of AR-based Plant Recommendation Service on Smart Phone",Proc. International Conference on Advanced Computing and Applications (ACOMP2011) (2011.10).
Nakagawa,H., Ohsuga,A., and Honiden,S.,"gocc: A Configuration Compiler for Self-adaptive Systems Using Goal-oriented Requirements Description",Proc. The 6th International Symposium on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS 2011),ICSE2011, pp40-49 (2011.4).
Hiroyuki Nakagawa, Nobukazu Yoshioka, Akihiko Ohsuga, Shinichi Honiden,"IMPULSE: a Design Framework for Multi-Agent Systems Based on Model Transformation",ACM Proc. of the 26th Symposium On Applied Computing (SAC2011),pp1416-1423 (2011.3).
Nakagawa,H., Yoshioka,N., Ohsuga,A., and Honiden,S.,"A Framework for Validating Task Assignment in Multi-agent Systems using Requirements Importance",Proc. the 13th International Conference on Principles of Practice in Multi-Agent Systems (PRIMA2010),pp207-214,(2010.11).
Nguyen,M.T., Kawamura,T., Tahara,H., Ohsuga,A., "Capturing Users Buying Activity at Akihabara Electric Town from Twitter", Proc. 2nd International Conference on Computational Collective Intelligence -Technology and Applications (ICCCI2010) (2010.11).
Kawamura,T., Shin,I., Nakagawa,H., Tahara,Y., and Ohsuga,A.,"ONTOMO: Web Service for Ontology Building - Evaluation of Ontology Recommendation using Named Entity Extraction", Proc. IADIS International Conference WWW/INTERNET 2010 (ICWI 2010), pp101-111(2010.10).
Hiroyuki Nakagawa, Akihiko Ohsuga, Shinichi Honiden, "Towards Effective Use of Requirements Description in Self-adaptive System Development", KIT Proc. of the International Workshop on Modern Science and Technology 2010 (IWMST2010), pp-100-105(2010.9).
Tahara,Y., Tago,A., Nakagawa,H., and Ohsuga,A., "NicoScene: Video Scene Search by Keywords based on Social Annotation", Proc. 6th International Conference on Active Media Technology (AMT2010), pp461-474(2010.8).
Nguyen,M.T., Kawamura,T., Nakagawa,H., Tahara,H., Ohsuga,A., "Automatic Mining of Human Activity Attributes from Weblogs", IEEE Proc. 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2010), pp633-644(2010.8).
Nguyen Minh The, Takahiro Kawamura, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga, "Self-supervised Mining of Human Activity from CGM", PKAW Proc. of Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop 2010 (PKAW2010), pp61-72(2010.8).
Nguyen,M.T., Kawamura,T., Nakagawa,H., Tahara,H., Ohsuga,A., "Automatic Mining of Human Activity and Its Relationships from CGM", Proc. 5th International Conference on Software and Data Technologies (ICSOFT2010), pp285-292(2010.7).
Nakagawa,H., Ohsuga,A., and Honiden,S.: Cooperative Behaviors Description for Self-* Systems Implementation, in Proc. of the 8th International Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems (PAAMS 10), Salamanca, Spain (2010.4), pp.69-74.
Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, Shinichi Honiden: Rewriting LogicModel of Compositional Abstraction of Aspect-Oriented Software, inProc. of the Foundations of Aspect-Oriented Languages Workshop 2010 (FOAL2010), Rennes, France (2010.3). http://www.eecs.ucf.edu/FOAL/papers-2010/Tahara-etal.pdf
Nguyen,M.T., Kawamura,T., Nakagawa,H., Nakayama,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.: Human Activity Mining using Conditional Random Fields and Self-Supervised Learning, in Proc. of the 2nd Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems, Hue City, Vietnam, (2010.3) ,pp.140-149.
Shin,I., Kawamura,T., Nakagawa,H., Nakayama,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.: ONTOMO: Web-based Ontology Building System -Instance Recommendation Using Bootstrapping-, in Proc. of the 25th ACM Symposium On Applied Computing (SAC2010), Western, Switzerland (2010.3), pp.1442-1443.
Shin,I., Kawamura,T., Nakagawa,H., Nakayama,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.: ONTOMO: Development of Ontology Building Service, in Proc. of the 12th International Conference on Principles of Practice in Multi-Agent Systems (PRIMA2009), Lecture Notes in Artificial Intelligence 5925, Springer-Verlag, Nagoya, Japan (2009.12), pp.143-158.
Yamamoto,J., Nakagawa,H., Nakayama,K., Tahara,Y., and Ohsuga,A.: A Context Sharing Message Broker Architecture to Enhance Interoperability in Changeable Environments, in Proc. of the 3rd International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies (UBICOMM 2009), Sliema, Malta (2009.10), pp.31-39.
Kawamura,T., Nguyen,T.M., Ohsuga,A.: Building of Human Activity Correlation Map from Weblogs, in Proc. of the 4th International Conference on Software and Data Technologies (ICSOFT2009), Milan, Italy (2009.7), pp.346-352.
Nakagawa,H., Ohsuga,A., and Honiden,S.: Constructing Self-adaptive Systems Usinga KAOS Model, in Proc. of the Second IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems Workshops (SASOW 08), Venice, Italy,pp.132-137 (2008.10).
Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, Kenji Taguchi, Toshiaki Aoki,Shinichi Honiden: Education Course of Practical Model Checking, in Proc. of the FirstInternational Workshop on Formal Methods Education and Training (FMET2008), 北九州国際会議場 (2008.10), pp.33-48.
Kawamura,T., Umezu,K., and Ohsuga,A.: Mobile Navigation System for the Elderly - Preliminary Experiment and Evaluation, in Proc. of the 5th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing, Oslo University College, Oslo, Norway (2008.6), pp.578-590.
Takenouchi,T., Kawamura,T., and Ohsuga,A.: Development of Knowledge-filtering Agent along with User Context in Ubiquitous Environment, in Proc. of the 2nd International Symposium on Ubiquitous Intelligence and Smart Worlds (UISW2005), Lecture Notes in Computer Science 3823, Springer-Verlag, Nagasaki, Japan (2005.12), pp.71-80.
Kawamura,T., Ohsuga,A., and Terasaki,T.: Web Services User Agent supporting interactions between mobile users and service flows, in Proc. of the IEEE International Conference on Pervasive Services 2005 (ICPS05), Santorini, Greece (2005.07), pp.381-389.

解説論文

吉岡信和, 田辺良則, 田原康之, 長谷川哲夫, 磯部祥尚: モデル検査による設計検証, 日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.4, pp.4_40-4_65 (2014.12)
中谷多哉子,羽生田栄一,黒川利明,直田繁樹,大須賀昭彦,児玉公信,増村均,中村正規,田中立二: オブジェクト指向、エージェント技術の動向,電気学会論文誌C,Vol.123, No.4 (2003), pp.640-648.
田原 康之, van Lamsweerde,A., Letier,E.: KAOSによるセキュリティ要件の獲得・分析, 情報処理 Vol.50 No.3, pp.203-208 (2009.03)
木下哲男,横尾真,北村泰彦,菅原俊治,寺野隆雄,新谷虎松,大須賀昭彦,峯恒憲: JAWSの発展とエージェント分野への寄与,日本ソフトウェア科学会コンピュータソフトウェア, Vol.25,No.4 (2008.10),pp.3-10.
大須賀昭彦,本位田真一: ソフトウェア工学におけるエージェントベースアプローチ,計測と制御(計測自動制御学会誌),Vol.43, No.12 (2004.12), pp.962-968.
吉岡信和, 大須賀昭彦, 本位田真一: ユビキタス環境のためのエージェント指向ソフトウェアの開発と応用, システム/制御/情報(システム制御情報学会誌), Vol.48, No.11 (2004.11), pp.22-27.

シンポジウム

天野和洋,前田宗宏,中村泰広,清雄一,大須賀昭彦: 1.5車線的道路における確率的な車両到着を考慮した待避区間の最適配置に関する検討, 第42回土木情報学シンポジウム (to appear)
坂周英, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 静的解析を利用したセキュアなハイブリッドアプリの開発支援に関する研究, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017.6), 4A-4 (2017.6)
奥原史佳, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: PhoTopicChat: SNS における話題連動画像表示手法の提案, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017), 1E-1 (2017.6)
伊奈優樹, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 同一個人データの存在する水平分割データベースのダミー値追加による匿名化 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017), 3H-2 (2017.6)
江上周作,川村隆浩,古崎晃司,大須賀昭彦: 社会課題における因果関係を表すLinked Dataの半自動的な構築手法の提案,2017年度人工知能学会全国大会(第31回), 1N3-OS-39b-4 (2017.5)
伊奈優樹, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 重複データのある水平分割データベースのダミー値追加による匿名化, 情報処理学会全国大会(第79回)論文集, 6W-04 (2017.3)
坂周英, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 静的解析を利用したセキュアなハイブリッドアプリの開発支援に関する研究, 情報処理学会全国大会(第79回)論文集, 5H-04 (2017.3)
大石慶一朗, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: センシティブ属性値の距離を考慮したダミー追加によるl-多様性アルゴリズムの提案, 情報処理学会全国大会(第79回)論文集, 6W-05 (2017.3)
奥原史佳, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: PhoTopicChat: SNS における話題連動画像表示手法の提案, 情報処理学会全国大会(第79回)論文集, 2Y-02 (2017.3)
関井祐介, 折原良平, 小島圭介, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: オートエンコーダを利用した複数話者の声質変換, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016), pp.270-277 (2016.9)
佐藤挙斗, 折原良平, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 文字レベル深層学習による日本語テキストの分類と転移学習, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016), pp.199-206 (2016.9)
鈴木もとこ, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 家庭におけるペット-ロボットインタラクション~ロボットの世話行動による犬の行動変化の調査~, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016), pp.242-249 (2016.9)
鈴木翔太, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: オンラインレビューサイトにおけるレビュー解析精度向上に向けた皮肉文判別, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016), pp.191-198 (2016.9)
粂野文洋,杉村博,清雄一,鄭顕志,田原康之,大須賀昭彦: 複数の機器連携を前提としたスマートホームサービス導出の試み, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016), pp.293-300 (2016.9)
鈴木もとこ,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:家庭におけるペット−ロボットインタラクション〜ロボットは犬の世話をすることができるのか〜,マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2016),(2016.7)
鈴木もとこ,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:家庭におけるペット-ロボットインタラクション〜ロボットによる犬の行動変化の研究〜,インタラクション2016 (Interaction 2016),(2016.3)
西脇崇文,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: ユーザの好みと献立バランスを考慮したレシピ入替えを行うグループ向け献立推薦, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM Forum 2016), E2-1 (2016.3)
清雄一, 大須賀昭彦: 差分プライバシに基づく大規模クロス集計値匿名化手法の提案, プライバシーワークショップ (PWS) co-located with コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS), pp.154-161 (2015.10)
樋口尚吾,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:投票行動時系列データ解析に基づく意思決定戦略の分析,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 (JAWS 2015), pp.290-297 (2015.10)
江上周作,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:社会課題解決に向けた循環型オープンデータ構築システムの提案,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 (JAWS 2015), pp.274-281 (2015.10)
飯島照之,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:Linked Dataを用いた日本酒選定支援エージェント,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 (JAWS 2015), pp.266-273 (2015.10)
植田智明,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:Twitter におけるミスコミュニケーションの解消に向けて ―ユーザの期待する反応に応じたツイート分類― ,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 (JAWS 2015), pp.306-313 (2015.10)
清雄一,大須賀昭彦: 差分プライバシを満たすニューラルネットワークモデル構築手法の提案, 日本ソフトウェア科学会第32回大会講演論文集, MACC-2, (2015.9)
植田智明,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:ユーザーの期待する反応に応じたツイート分類,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, 3M4-5 (2015.6)
一言正之,清雄一,桜庭雅明:ニューラルネットワークによる洪水予測の精度向上,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, 3L4-4 (2015.6)
大須賀昭彦,田原康之,川村隆浩,清雄一,中川博之,吉岡信和,松本一教,一色正男:ミニブログを利用した避難行動推薦 (1)―システム概要―,電子情報通信学会総合大会講演論文集,D-9-24 (2015.3)
田原康之,大須賀昭彦,川村隆浩,清雄一,中川博之,吉岡信和,松本一教,一色正男:ミニブログを利用した避難行動推薦 (2)―自己適応システム技術の適用―,電子情報通信学会総合大会講演論文集,D-9-25 (2015.3)
清雄一,大須賀昭彦,田原康之,川村隆浩,中川博之,吉岡信和,松本一教,一色正男:ミニブログを利用した避難行動推薦 (3)―プライバシ保護データマイニングの適用―,電子情報通信学会総合大会講演論文集,D-9-26 (2015.3)
清雄一,大須賀昭彦:複数のセンシティブな擬似識別子を含むデータベースの匿名化手法の提案,暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS),3B1-2 (2015.1)
清雄一,大須賀昭彦: プライバシを考慮したデータ収集及び再構築アルゴリズムの提案,コンピュータセキュリティシンポジウム (CCS), pp.909-916 (2014.10)
清原達弥,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:加速度センサを用いた犬の行動認識,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
大渡裕太,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:Markov Logic Networkを用いた映画脚本データベースからの人物関係推定エージェント,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
江上周作,川村隆浩,藤井章博,大須賀昭彦:BOMエージェントの実現に向けたLODの構築,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
清雄一,大須賀昭彦:暗号化されたキーワードの効率的な検索アルゴリズムの提案,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
横尾亮平,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:語句間の意味的リレーションに基づくキュレーションエージェント,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
田原康之,大須賀昭彦,本位田真一:イベントベースアスペクト指向プログラミングによる自己適応エージェントのモジュラーな形式的推論に向けて,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), (2014.10)
山縣慧, 中川博之, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦, "C/S型オンラインゲームの自己適応化に向けたMAPEループ構成パターンの提案",第21回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), (2013.12).
堀田大貴,本田耕三,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:リファインメントパターンを利用したKAOSゴールモデルからBPMNモデルへの変換,第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2013),(2013.11).
吉田豊,本田耕三,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:法令から機能要求を抽出するための支援ツールの実装と評価,第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2013),(2013.11).
田代和浩,川村隆浩,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:Human Pose Guide Ontology を用いたアイドル画像のポーズ分類エージェント ,合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS 2013), pp.26-27, 2013.
池尻恭介,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:食材の希少性に基づいた意外性のあるレシピの抽出エージェント ,合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS 2013), pp.17-18, 2013.
岩崎祐貴,折原良平,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:CGMにおける炎上の同定とその応用 ,合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS 2013), pp.117-118, 2013.
清 雄一,大須賀 昭彦,"不正確さを考慮した位置匿名化手法の提案",マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO 2013)/情報処理学会, pp. 2044-2052 (2013.7)
田代和浩,川村隆浩,清 雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, "Linked Data を用いたソーシャルメディア×マスメディアの比較実験",2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 2N1-OS-10d-3 (2013.6)
岩崎祐貴,折原良平,清 雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦, "CGMにおける炎上の同定とその応用",2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 1J3-OS-22a-4 (2013.6)
中村 祐貴,本田 耕三,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"ソフトウェア再利用に向けた共通ゴール判別手法の提案",情報処理学会 ウィンターワークショップ2013, pp.61-62 (2013.1).
中村 祐貴,本田 耕三,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"ゴールモデルの構造に基づいた共通ゴール判別手法の提案",ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2012/日本ソフトウェア科学会,pp62-67,(2012.12).
仲村 滋夫,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"UAVとUGVの協調動作による障害物撤去に向けて",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS-2012)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE CS 共催,(2012.10).
新井 佑弥,折原 良平,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"GAを用いたシステムトレードにおける損失に着目した適合度関数の設定",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS-2012)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE CS 共催,(2012.10).
折笠 裕樹,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"Twitter上のフォロー関係を用いた信頼性の高い未知コンテンツの推薦",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS-2012)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE CS 共催,(2012.10).
越川 兼地,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"CRFを用いたメディア情報の抽出とLinked Data化 ~ソーシャルメディアとマスメディアの比較事例~",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS-2012)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE CS 共催,(2012.10).
金子 裕司,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"特定ユーザの作曲ログデータと付加情報を用いた作曲支援",インタラクション2012/情報処理学会(INTERACTION-2012),pp947-952,(2012.3).
Sombat Chanvilai, Kozo Honda, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga, "Support for Generating UML Class Diagrams and OCL Constraints from KAOS Model", ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011/日本ソフトウェア科学会, pp157-162 (2011.11).
堀越永幸,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"非機能特性を考慮した自己適応システムの動的再構成手法の提案",ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011/日本ソフトウェア科学会,pp139-144 (2011.11).
吉池弘樹,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"モデル検査のためのオブジェクト制約言語を用いた外部環境モデルの構築のための考察",ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011/日本ソフトウェア科学会,pp.109-114 (2011.11).
竹之内 隆夫, 伊東 直子, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦,"クラウド上での事業者間データ連携のための分散型パーソナル情報保護エージェント",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
伊藤 雅博, グェン ミン テイ, 川村 隆浩, 中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(3)~行動ネットワークを用いた避難行動の推薦~",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
グェン ミン テイ, 越川 兼地, 川村 隆浩, 中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(2)~時系列避難行動ネットワークの構築~",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
ミヤマエ イワナガ イサベル シズ, グェン ミン テイ, 川村 隆浩, 中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(1)~避難計画オントロジーの設計~",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
全 泰賢, 川村 隆浩, 中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"服飾系ECサイトにおける商品閲覧履歴に基づいたデザイン嗜好の推定と商品検索システムの提案",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
石野 克徳, 折原 良平, 中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"フォークソノミーとソーシャルアノテーションを用いた動画シーンへのラベリング",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS-2011)論文集 (2011.10).
金子 裕司,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"作曲特徴を用いた作曲支援システムの実現に向けて",第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS-2011),pp170-172,(2011.9).
田中 俊行,グェン ミンティ,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"シーソー型インタフェースを用いた評判比較システムの開発",インタラクション2011/情報処理学会,pp.479-482 (2011.3).
三代 謙仁,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"スマートフォン向け植物推薦サービスGreen-Thumb Phoneの開発 ~モバイルセンサーと拡張現実を用いた植栽環境との調和性推定~",インタラクション2011/情報処理学会,pp449-452 (2011.3).
ワ コラ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"インタラクション・シーケンスに着目したユーザの商品検索の目的の抽出に関する検討と実装",インタラクション2011/情報処理学会,pp.577-580 (2011.3).
住元 宗一朗,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"未知性と意外性を考慮したイラスト推薦システムの提案: 3D表示を用いたイラスト推薦インタフェース",インタラクション2011/情報処理学会,pp.519-522 (2011.3).
本田耕三,中川博之・田原康之,大須賀昭彦,"ケーススタディ:KAOS/UMLモデリング",ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2010/日本ソフトウェア科学会,pp155-160 (2010.11).
三代 謙仁,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"携帯端末上での拡張現実を用いた植物推薦エージェントGreen-ThumbPhoneの開発",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS-2010)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会 共催,pp1-8,(2010.10).
住元 宗一朗,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"コンテンツ投稿型SNS における未知性と意外性を考慮した推薦エージェントの提案",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS-2010)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会 共催,pp1-6,(2010.10).
橋本 和幸,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"マイクロブログを用いた評判傾向抽出法の提案",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS-2010)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会 共催,pp1-6,(2010.10).
佐藤 大輔,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"閲覧中のニュース記事に対するブログの主張を提示するシステムの提案",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS-2010)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会 共催,pp1-6,(2010.10).
田中 俊行,グェンミンティ,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦,"教師あり学習を用いたレビューサイトからの意見抽出",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS-2010)/日本ソフトウェア科学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会 共催,pp1-8,(2010.10).
浜本一知,田原康之,大須賀昭彦,"集合匿名化によりプライバシに配慮した個人情報開示制御手法の提案",日本ソフトウェア学会,10008,(2010.8).
多胡厚津史,中川博之,田原康之,大須賀 昭彦:ニコニコ探検くらぶ:ソーシャルアノテーションとキーワード群に基づく動画要約,インタラクション2010,国立情報学研究所,情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2010, No.4,pp.47-50 (2010.3).
田原 康之, 大須賀 昭彦, 本位田 真一: 書換え論理に基づくアスペクト指向ソフトウェアの形式モデル, ウインターワークショップ 2010 ・イン・倉敷, 倉敷市芸文館, pp.127-128,(2010.1).
玉田和洋, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦:モデル検査によるAjax アプリケーション検証, ウィンターワークショップ・イン・倉敷論文集 2010, Vol.2010, No.3, pp.139-140 (2010.1).
玉田和洋, 中川博之, 中山健, 田原康之, 大須賀昭彦: モデル検査によるAjaxアプリケーション検証のためのモデルの提案, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2009), ホテルおかだ (2009.11). pp333-334.
西村一彦,中川博之,中山健, 田原康之,大須賀昭彦: 自律システム実現に向けたアーキテクチャの構築, 第8回 合同エージェント・ワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, ラフォーレ蔵王リゾート&スパ (2009.10), pp.524-531. ※JAWS優秀論文賞受賞
グェンミンティ,川村隆浩,中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: 条件付確率場と自己教師あり学習を用いた行動属性の自動抽出と評価, 第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, ラフォーレ蔵王リゾート&スパ (2009.10), pp.468-475.
田原康之,中川博之, 中山健, 大須賀昭彦: 統合的自己適応型セキュリティアーキテクチャの提案, 第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, ラフォーレ蔵王リゾート&スパ (2009.10), 445-452.
多胡厚津史, 中川博之, 中山健, 田原康之,大須賀昭彦: ニコシーン: ソーシャルアノテーションとキーワード群に基づく動画シーン検索, 第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, ラフォーレ蔵王リゾート&スパ (2009.10), pp.332-339.
沈偉,川村隆浩,中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: オントロジー構築サービスONTOMO の開発 固有名詞抽出によるインスタンスとプロパティ自動推薦エージェントの評価, 第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, ラフォーレ蔵王リゾート&スパ (2009.10), pp.224-232.
中川博之,大須賀昭彦,本位田真一: KAOSモデルを利用したself-adaptive システムの構築, 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2008) (2008.11), pp.21-30.
中川博之,大須賀昭彦,本位田真一: コンポーネントモデルを用いたJADEビヘイビア実装手法の提案, 第7回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS2008), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, 大津プリンスホテル (2008.10).
沈偉,川村隆浩,中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: オントロジー構築サービスONTOMOの開発, 第7回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS2008), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, 大津プリンスホテル (2008.10).
西村一彦,中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: 階層プランニングによるWebサービスの自動合成, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008(SES2008), 東洋大学, ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, 近代科学社 (2008.10), pp.139-146.
矢部走, 小林良岳, 中山健, 川村隆浩, 大須賀昭彦: 文書構造化を用いたWebページからのRSS自動生成システム, 第6回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007(JAWS2007), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, 沖縄コンベンションセンター (2007.10).
梅津圭介, 小林良岳, 中山健, 川村隆浩, 大須賀昭彦: 携帯電話を用いた高齢者向け外出支援システム---ここバリアの開発, 第6回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007(JAWS2007), 情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, 沖縄コンベンションセンター (2007.10).
神谷友輔, 川村隆浩, 大須賀昭彦, 前川守: ネットワークコミュニケーションの円滑化を目的としたSNSからの人物分析 -ネ己分析エージェントの開発と評価-, 第5回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006(JAWS2006),情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催, 鈴鹿サーキットフラワーガーデンホテル (2006.10).
小嶋希実子,出口貴博,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: rendezvous concierge;待ち合わせサービスエージェントの開発,第4回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2005(JAWS2005),情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催,箱根ホテル小涌園 (2005.11), pp.543-550.
出口貴博,小嶋希実子,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: 時系列アノテーションに基づく楽曲推薦エージェント,第4回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2005(JAWS2005),情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会共催,箱根ホテル小涌園 (2005.11), pp.501-507.
岡本直之,竹之内隆夫,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守:放送番組に対するパブリックオピニオン・メタデータの生成~ネットコミュニティからの雰囲気成分の抽出とユーザ間での流通による洗練化~,第3回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004(JAWS2004),情報処理学会 知能と複雑系研究会 & 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会共催,ホテルメゾン軽井沢 (2004.10).
竹之内隆夫,岡本直之,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: ユビキタス環境における過渡的な知識を考慮した意思決定支援エージェントの開発,第3回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004(JAWS2004),情報処理学会 知能と複雑系研究会 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 & 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催,ホテルメゾン軽井沢 (2004.10).
中井戸健至,寺崎達也,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: エンタープライズ向けエージェントアプリケーション基盤の構築,第2回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2003(JAWS2003),情報処理学会 知能と複雑系研究会 日本ソフトウェア科学・マルチエージェントと協調計算研究会 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催,ウェスティンホテル淡路リゾート&カンファレンス(2003.11).
寺崎達也,中井戸健至,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: ユビキタス環境とWebサービスを仲介するインテリジェントエージェントの開発,第2回 合同エージェントワークショップ&・シンポジウム2003(JAWS2003),情報処理学会 知能と複雑系研究会 日本ソフトウェア科学会 マルチエージェントと協調計算研究会 & 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 人工知能学会 知識ベースシステム研究会 共催,ウェスティンホテル淡路リゾート&カンファレンス (2003.11).

研究会

江上周作,川村隆浩,古崎晃司,大須賀昭彦: 放置自転車問題における因果関係を含んだLODの半自動的な構築手法の提案, 第41回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会, SIG-SWO-041-10 (2017.2)
佐藤挙斗, 折原良平, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 文字レベル深層学習によるテキスト分類と転移学習, 第102回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), pp.13-19 (2016.12)
江上周作,川村隆浩,大須賀昭彦: 放置自転車LODの拡充に向けた空間的欠損値推定手法の提案,第39回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会, SIG-SWO-039-06 (2016.9)
上原有里,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: 音楽情報処理のためのLinked Data収集・分析基盤の構築,第39回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会, SIG-SWO-039-08 (2016.9)
佐藤挙斗, 折原良平, 清雄一, 田原康之, 大須賀昭彦: 文字レベル深層学習の日本語データセットへの応用, 第184回 情報処理学会 知能システム研究会(SIG-ICS) (2016.8)
関井祐介,折原良平.小島圭介,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: Deep Learningを利用した任意話者の声質変換,情報処理学会 第112回音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP), Vol.2016-SLP-112 No.3 (2016.7)
飯島照之,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:Linked Dataセットに基づく日本酒-ワイン間の関連性抽出の試み,第38回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会, SIG-SWO-038-11 (2016.2)
江上周作,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: 放置自転車問題解決に向けた循環型LOD構築システムの提案, 第38回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会, SIG-SWO-038-08 (2016.2)
西脇崇文,清雄一,田原康之,大須賀昭彦: ユーザの好みに応じたレシピ入替えを行うグループ向け献立推薦, 情報処理学会データベースシステム研究会, 情報処理学会研究報告 Vol.2015-DBS-162 No.6 (2015.11)
樋口尚吾,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦:投票行動時系列データ解析に基づく意思決定戦略に関する考察,電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,信学技報AI2015-2, Vol.115, No.97, pp.7-11 (2015.6)
平山秀昭,鄭顕志,清雄一,大須賀昭彦:個別構築されたIoTシステムのサービス連携における課題検討,第162回マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会 (2015.3)
工藤拓光,中川博之,清 雄一,田原康之,大須賀昭彦:自動清掃ロボットの自己適応化に向けて,第126回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)研究会, 第31回 組込みシステム(EMB)研究会(2013.12)
田代和浩,川村隆浩,清雄一,中川博之,田原康之,大須賀昭彦:Pose Guide Ontology を用いたアイドル画像のポーズ分類 ,人工知能学会 第 31 回セマンティックウェブとオントロジー (SWO) 研究会 (SIGSWO 2013), (SIG-SWO-A1302-09),(2013.12)
池尻恭介,清雄一,中川 博之,田原康之,大須賀昭彦:食材に基づいたレシピの意外度算出手法の提案,電子情報通信学会データ工学(DE)研究会「データ工学と食メディア」,pp.1-6,(2013.9)
新井佑弥,折原良平,中川博之,清雄一,田原 康之,大須賀 昭彦,"GAを用いた適合度関数と相場変化に着目したシステムトレード",人工知能学会ファイナンスにおける人工知能応用研究会 (SIG-FIN),SIG-FIN-010,pp55-62 (2013.3.19).
吉田豊,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"テンプレートを用いた法的要求抽出・モデリングの実現に向けて",情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学 (SE),2013-SE-179,No.8 (2013.3.12).
都丸卓也,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"非同期通信を行うWebアプリケーションによる資源競合問題に対するモデル検査による検証",電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会,信学技報KBSE2012-67,pp53-58 (2013.1.29).
ジリエ陽子,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"ゴール指向要求分析に基づく組み込みボードエミュレータ開発効率化手法の考察",情報処理学会 システム・ソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)/組み込みシステム(EMB) 合同研究発表会,2012-OS123/EMB27,No.11 (2012.12.5).
藤原誠,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"タグクラスタ多様化による未知性を考慮した推薦手法の提案",情報処理学会 「知能システム」研究会SIG-ICS (2012.3.21).
全泰賢, 川村隆浩, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦, "服飾オントロジーを用いたECサイトにおけるユーザデザイン嗜好の推定と評価",セマンティックウェブとオントロジー研究会SIG-SWO (2011.12.14).
堀越永幸,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"アーキテクチャ記述言語を用いた自己適応システム設計手法の検討",情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学(SE),2011-SE-172,No.8,pp1-8 (2011.5).
ジリエ陽子,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦,"Visual-K:ゴール指向要求分析手法KAOSのモデリング可視化支援ツールの試作",情報処理学会 研究報告ソフトウェア工学(SE),2011-SE-171,No.29,pp1-7 (2011.3).
グェン・ミン・ティ,川村隆浩,中川博之,田原康之,大須賀昭彦: Webからの自己教師あり学習を用いた人間行動マイイニング, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,学技報AI2009-22, 関西学院大学 東京丸の内キャンパス (2010.1),pp.19-24.
浜本一知,中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: サービス合成時におけるプライバシ保護手法,電子情報通信学会 第16回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 第二種研究会資料WI2-2009-46~67, 学術総合センター(2009.10).
溝口祐美子, 長野伸一, 川村隆浩, 稲葉真純, 大須賀昭彦: オントロジーを利用した文書間のセマンティックな類似度の計算手法, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,信学技報AI2009-1, 関西学院大学 東京丸の内キャンパス (2009.5),pp.1-6.
沈偉, 川村隆浩, 中川博之,中山健,田原康之,大須賀昭彦: オントロジー構築サービスONTOMOの開発 -インスタンス自動推薦の試作と評価-, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,信学技報AI2008-43, (2009.1),pp.13-20.
沈偉, 川村隆浩, 大須賀昭彦: オントロジーWikiサイトの構築 -集合知としてのオントロジー構築を目指して-, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,信学技報AI2008-2, 関西学院大学 東京丸の内キャンパス (2008.6),pp.7-14.
神谷友輔, 川村隆浩, 大須賀昭彦, 前川守: ネットワークコミュニケーションの円滑化を目的としたSNSからの人物分析 -ネ己分析エージェントの開発と評価-, 電子情報通信学会 Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 東京大学先端科学技術研究センター (2006.11).
竹之内隆夫,岡本直之,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守:ユビキタス環境において動的なコンテキストに順応して知識情報をフィルタリングする推論エージェントの開発,情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会,2005-UBI (2005.03), pp.217-214.
中井戸健至,寺崎達也,川村隆浩,大須賀昭彦,前川守: エンタープライズ向けエージェントアプリケーション基盤の構築,電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,信学技報,Vol.103,No.623 (2004.1),pp.67-72.
川村隆浩,寺崎達也,大須賀昭彦,前川守:ユビキタスデバイスからのWebサービス利用を支援するWebサービスプロキシエージェント,情報処理学会ユビキタスコンピューティング研究会,2003-UBI-2,京都 (2003.11), pp.135-140.

受賞歴

::情報処理学会フェロー::
授与対象者:大須賀 昭彦
学内サイト記事
::2016年度情報処理学会論文賞::
受賞論文:クラウド上の安全で高速なキーワード検索アルゴリズムの提案
受賞者:清雄一、竹之内隆夫、大須賀昭彦
学内サイト記事
::Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 「エンターテインメントLOD賞」::
受賞論文:声優LOD
受賞者:関井祐介,江上周作,飯島照之
学内サイト記事
::平成28年度水工学論文賞::
受賞論文:深層学習を用いた河川水位予測手法の開発
受賞者:一言正之、櫻庭雅明、清雄一
学内サイト記事
::FOSE2016 貢献賞(ショートペーパー部門)::
受賞論文:シンスライシングを用いたWEB アプリのための設定ファイル参照ミス検知手法の試作と評価
受賞者:依田みなみ
(共著者:清雄一、田原康之、大須賀昭彦)
学内サイト記事
::「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第2回留学成果報告会 優良賞::
受賞者:依田みなみ
学内サイト記事
::JAWS2016 優秀発表賞::
受賞対象発表:Linked Dataによる楽曲特徴量の収集・分析基盤の構築
受賞者:上原有里
(共著者:川村隆浩、江上周作、清雄一、田原康之、大須賀昭彦)

受賞対象発表:家庭におけるペット-ロボットインタラクション~ロボットの世話行動による犬の行動変化の調査~
受賞者:鈴木もとこ
(共著者:清雄一、田原康之、大須賀昭彦)

受賞対象発表:オートエンコーダを利用した複数話者の声質変換
受賞者:関井祐介
(共著者:折原良平、小島圭介、清雄一、田原康之、大須賀昭彦)

受賞対象発表:文字レベル深層学習による日本語テキストの分類と転移学習
受賞者:佐藤挙斗
(共著者:折原良平、清雄一、田原康之、大須賀昭彦)

学内サイト記事
::JAWS2016 優良論文賞::
受賞論文:家庭におけるペット-ロボットインタラクション~ロボットの世話行動による犬の行動変化の調査~
受賞者:鈴木もとこ、清雄一、田原康之、大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2016 優良論文賞::
受賞論文:オートエンコーダを利用した複数話者の声質変換
受賞者:関井祐介、折原良平、小島圭介、清雄一、田原康之、大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2016 奨励論文賞::
受賞論文:オンラインレビューサイトにおけるレビュー解析精度向上に向けた皮肉文判別
受賞者:鈴木翔太、折原良平、清雄一、田原康之、大須賀昭彦
学内サイト記事
::DICOMO2016 優秀プレゼンテーション賞::
受賞対象発表:家庭におけるペット-ロボットインタラクション 〜ロボットは犬の世話をすることができるのか〜
受賞者:鈴木もとこ
学内サイト記事
::Linked Open Data チャレンジ Japan 2015 「データセット部門 最優秀賞」::
受賞論文:放置自転車LOD
受賞者:江上周作,川村隆浩,清雄一,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::電子情報通信学会論文誌・学生論文特集号 学生論文特集秀逸論文::
受賞論文:ゴール指向洗練パターン駆動によるユースケースモデリング
受賞者:本田耕三, 平山秀昭, 中川博之, 田原康之, 大須賀昭彦
学内サイト記事
::ICSEA2015 「Best Paper Award」::
受賞論文:Performance Exploring Using Model Checking A Case Study of Hard Disk Drive Cache Function
受賞者: Takehiko Nagano, Kazuyoshi Serizawa, Nobukazu Yoshioka, Yasuyuki Tahara, Akihiko Ohsuga
学内サイト記事
::情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文::
受賞論文:クラウド上の安全で高速なキーワード検索アルゴリズムの提案
受賞者:清雄一、竹之内隆夫、大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2015奨励賞::
受賞論文:Twitterにおけるミスコミュニケーションの解消に向けて -ユーザの期待する反応に応じたツイート分類-
受賞者:植田智明、折原良平、清雄一、田原康之、大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2015奨励賞::
受賞論文:投票行動時系列データ解析に基づく意思決定戦略の分析
受賞者:樋口尚吾、折原良平、清雄一、田原康之、大須賀昭彦
学内サイト記事
::人工知能学会2014年度功労賞受賞::
受賞者:大須賀 昭彦
学内サイト記事
::ISTIE2015 「Best Paper Award」::
受賞論文:Semantic Graph Application to Call Center for Entity-Relation Search
受賞者:Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga
学内サイト記事
::JIST2014「Best Poster Award」::
受賞論文:News Recommendation based on Semantic Relations between Events
受賞者:Ryohei Yoko, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga
学内サイト記事
::人工知能学会 「2013年度研究会優秀賞」::
受賞論文:LODの画像的特徴に基づくLiteral値名寄せ手法の提案
受賞者:川村 隆浩,長野 伸一,大須賀 昭彦
学内サイト記事
::INFOCOMP2013 「Best Paper Award」::
受賞論文:Query Answering using User Feedback and Context Gathering for Web of Data
受賞者:Takahiro Kawamura, Akihiko Ohsuga
学内サイト記事
::JIST2013 「Best Poster & Demo Award」::
受賞論文:Classification of Idol Photograpy Based on Pose Guide Ontology
受賞者:Kazuhiro Tashiro, Takahiro Kawamura, Yuichi Sei, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara and Akihiko Ohsuga
学内サイト記事
::第13回情報科学技術フォーラム 「FIT奨励賞」::
受賞論文:誤差を含む属性値のための柔軟な匿名データ収集
受賞者:清 雄一,大須賀 昭彦
::Linked Open Data チャレンジ Japan 2012 「審査員特別賞」::
受賞論文:みんなで創る音声アシスタント「花之声」 〜あなたのつぶやきがオープンデータになる〜
受賞者:川村隆浩,大須賀昭彦
学内サイト記事
::第179回ソフトウェア工学研究発表会 「学生研究賞」::
受賞論文:テンプレートを用いた法的要求抽出・モデリングの実現に向けて
受賞者:吉田豊,中川博之,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2012 「学生優秀論文賞」::
受賞論文:CRFを用いたメディア情報の抽出とLinked Data化 〜ソーシャルメディアとマスメディアの比較事例〜
受賞者:越川兼地,川村隆浩,中川博之,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::ISWC2012 「Ten-Year Award」::
受賞論文:Semantic Matching of Web Services Capabilities
受賞者:Massimo Paolucci, Takahiro Kawamura,Terry R. Payne, Katia P. Sycara
学内サイト記事
::Linked Open Data Challenge Japan 2011 「審査員特別賞」::
受賞論文:花咲かめら:フィールドでのLOD活用
受賞者:川村隆浩,大須賀昭彦
学内サイト記事
::NTC2011 「Best Student Paper Award 賞」::
受賞論文:Privacy Protection by Anonymizing Based on Status of Provider and Community
受賞者: 浜本一知,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2010 「ベストポスター賞」::
受賞論文:携帯端末上での拡張現実を用いた植物推薦エージェント
受賞者:三代謙仁,川村隆浩, 中川博之,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2010 「学生奨励賞」::
受賞論文:教師あり学習を用いたレビューサイトからの意見抽出
受賞者: 田中俊行,グェンミンティ, 中川博之,田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事
::JAWS2009 「優秀論文賞」::
受賞論文:自律システム実現に向けたアーキテクチャの構築
受賞者:西村一彦,中川博之,中山健, 田原康之,大須賀昭彦
学内サイト記事